エネルギー気象セミナー

第1回 開催報告

資料ご希望の方は下記フォームにご入力下さい

プライバシーポリシー

需要予測 / 気象類似日検索 の技術について

 

2020年9月11日に第1回ウェビナーを開催し、約40社100名の方にご参加頂きました。

本ウェビナーでは、エネルギー関連業務に携わる方を対象に、

エネルギー需給管理 / 需要予測に関わる業務支援を目的に、以下の技術紹介をしました。

  • 気温・日射量の予測技術
  • 気象類似日検索技術
  • 需要予測技術

また、これらを実現するための、当社の気象予報の仕組みと精度を解説いたしました。

ウェビナー中には、リアルタイムで参加者からの質問を募集し、回答を実施しました。

講演資料のダウンロードをご希望の方は、フォームへのご記入をお願いいたします。

 

 

 


第1回エネルギー気象ウェビナーの様子

日時

2020年9月11日(金)

14時00分~15時00分

 

プログラム

Opening ウェザーニューズの会社概要

Session1 ウェザーニューズの気象予測技術について

Session2 気象類似日検索システム

Session3 ウェザーニューズの需要予測

Closing  質疑応答

パネリストからのコメント

開催報告の詳細は、フォームからダウンロードいただけます。


環境気象事業部
マーケティングリーダー
鈴木

 

〜Opening ウェザーニューズの会社概要〜

気候変動にともなう気象激甚化における当社の取り組み事例を紹介しました。


気象の極端化が進み、当社として解決策を提供できるようにしていきたいと考えています。発電量予測や需要予測など、需給計画に関するサービスをより強化していきます。


予報センター
猪飼

〜Session1 ウェザーニューズの気象予測技術について〜

予報精度向上の取り組みを紹介しました。

 

一般の方からの天気予報を始めとした、世界各国の気象データを用いた分析手法について、「今」を正しく知り「予測」する技術について解説しました。


環境気象事業部
オペレーションリーダー
高嶋

〜Session2 気象類似日検索システム〜

AI技術を用いた類似日検索システム について紹介しました。

 

システムの精度は、弊社スタッフが人力で選んだ場合と、ほぼ同程度にすることができています。

類似日選択のノウハウをもつ皆様にご助言を頂きながら開発を進めたいと思っています。ご興味のある方は、ぜひお声かけください。


環境気象事業部
サービス企画リーダー
武井

〜Session3 ウェザーニューズの需要予測〜

当社独自の需要予測モデルについて紹介しました。

 

アルゴリズムを複数採用し、それぞれの予測結果をアンサンブルすることで需要予測を行っています。また、COVID-19の影響等による電力需要の変化に対応できるようにリラーニングも行い、需要予測の精度向上を行っています。

 

参加者様からのご質問 Q & A

非常に多くのご質問を頂きましたので、具体的な回答内容につきましては、フォームからダウンロードして頂いた資料に記載しております。